楽天ベビー専門店*


・ ベビーカー          ・ マザーズバッグ    
・ だっこひも          ・ チャイルドシート
・ おでかけグッズ
 
 


アップリカ AIrRia エアリア

登場以来、楽天ランキングを塗り替えたベビーカー
ソラリアとの人気は五分。
エアリアとソラリアって何が違うの?お答えします!
 

商品仕様
サイズ (cm)
幅×奥行×高
開:48.5 × 69~95 × 86~103.5
閉:48.5 × 38 × H85.5~96
重さ 4.8kg
リクライニング 120°〜170°
価格  ¥42,000
タイプ

 

アップリカ AirRia エアリア最安値はここ!

◆軽量4.8kg

◆地面から53cmのハイシート

◆通気性・振動吸収に優れた「ブレスエアー」を採用

◆振動をさらに吸収 「マルチショックレス構造」


エアリアのハイシートは座面から53㎝
ソラリアより僅か2㎝低いだけ

赤ちゃんは外部の空気環境の影響を受けやすく、体温調節機能も未熟。
赤ちゃんの身体を守るために、なるべく熱やホコリから遠ざけてあげることが大切です。
地上50cm以上のハイシートなら、シート高38cmの一般的なベビーカーに比べて表面温度が約2℃低く、
空気中の粒子も1~2割ほど軽減されます。




・カプセルマルチフード
UVカット率99%以上 直射日光から守る。 路面の熱から守る。コレすごい!
こんなフードが欲しかった。
なんという、最強のフード・・・

紫外線遮断率は99%以上。

直射日光・紫外線や風から赤ちゃんをしっかりガード。
ウィンドウが開閉できるので赤ちゃんの様子が見えて安心です。

日本のメーカーはこういう所がしっかりしていて良いです。
海外はメッシュから覗きにくかったりするので。






・Wサーモメディカルシステム

風を通して 熱をカット
シート裏側部分に通気孔があり、優れた放熱効果を発揮。

さらに反射板によって路面からの放散熱を
はねかえし、温度の上昇を防ぎます。

これはソラリアにも搭載されている
アップリカ独自のシステムです。








・座部にブレスエアーを採用

 
 ・通気性が11倍と大幅にUp!
 
 
 ・体圧分散
  体にかける負担を軽減

 ・振動吸収・免振
  走行時の赤ちゃんの振動を軽減

 ・
安心の日本製素材


シート素材の振動吸収性能 比較実験


高い振動吸収性があり、通気性の良い新素材 ブレスエアー(R) | 車体のグラつきを軽減し、サスペンションも効果を発揮。 「高剛性フレーム」 | 路面の凸凹の影響を抑える。 「3Dサスペンション」
◆多機能でありながら4.8kgという軽量化に成功!
 
エアリアとソラリア2013年モデルは同時期に発売されました。
ではその違いは・・・?

気になる違いを比較!

基本仕様 比較

商品名  価格 シート
高さ 
重さ   サイズ
W×D×H
エアリア  ¥42,000  53cm  4.8kg  46×97×100
ソラリア2013  ¥52,500  55cm  6.9kg  48.5×95×103

機能比較
商品名 ブレスエアー  シート洗濯  オート
四輪
手元
ハンドル切替
ハンドル
高さ切替
3D
サスペンション
エアリア 手洗い なし なし なし あり
ソラリア2013 洗濯機OK あり あり あり なし

ソラリアは価格が高いだけあって、機能も充実しています。
サイズはほとんど変わらないと言えます。

では、ソラリアはなぜ重いのか?
それは、使用している上で一番違いを体感する、「オート4輪」の機能。
そして、そもそもの骨組がしっかりしているから、だと思います。
つまりそれだけ走行性が良いということ。

エアリアのみに搭載されている「3Dサスペンション」は、
おそらく軽量なエアリアだからこそ衝撃・振動を受けやすく、そのための対策として搭載しているのでは。

大きな違いとなる、「オート4輪」
コンビでは「オート4キャス」と言われている機能です。
これはお店で比較するとよくわかりますが、この機能がないと、対面式の時に非常に走行性が悪いです。
なぜなら、前輪がロックされている状態だから。

でも、「対面式」を使う時期は限られます。
対面にしなければいけない時期、というのはなく、生後間もない赤ちゃんも背面でも問題ありません。
どちらにするかはママ次第です。
赤ちゃんの顔をずっと見たいわ、という方には対面がおすすめですね。
















では、どこを重視するのか、ですが・・・。

・車移動もあり
・駅から自宅の距離が長い、走行する時間が長い
・対面もしたい
・ガタガタ道が多い
・パパ・ママの身長が高い(ソラリアにはハイハンドル機能あり)

という方には、ソラリア2013をオススメします。



・電車移動がメイン
・よく持ち運ぶ環境
・エレベーターがない
・ハイシートで、対面がいい、でも価格を抑えたい
・対面もしたいけど、背面がメインになりそう

という方には、エアリアをオススメします。

 

 


 ・ 安心の国内メーカー
 ・ 両対面でのハイシートは他社にない機能
 ・ 待望の軽量化 
 ・ 折り畳みが楽々ワンタッチ!もちろん自立
 ・ サンシェードが長く、日よけはバッチリ
 

 



 
 
  •  
 

・楽天ランキング上位機種 ブランドから探す 

 
 
・楽天 人気ベビーカー タイプ別で探す